FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                     ご覧いただきまして ありがとうございました

                     にほんブログ村  とんぼ玉のランキング
                         ↑ ポチッとおひとつ   
                        製作の励みにしています  (*^^)/
 
* カテゴリ : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-04-15 (Tue)
2014年3月28日~4月1日、3泊5日の弾丸旅行ですが、
スウェーデンのストックホルムへ行ってきました。
今回は旅行記 3回目です

* 3月29日(土)*  ストックホルム滞在2日目

迷い迷いもなんとか乗り物を乗り継いで、
到着できたユルゴルデン島では3つの博物館へ行ってきました。

その日のテーマは「スウェーデンを学ぶ」です。

まず最初は スカンセン野外博物館
 スウェーデン
 スウェーデン

広大な敷地内ではスウェーデン各地から
移築された建物がたくさん見られます。なんと160棟も!

どんなのがあったのか、かなり抜粋しまして公開しますね。

 スウェーデン
   これは日本の竪穴式住居に似ていますね
  スウェーデン
   コチラは正倉院風です・・・でもだいぶ浮いている~
   しかも、柱が長いのは雪のため?

 スウェーデン
   さらに長い足を持った、高い塔
 
 スウェーデン
   六角形のおしゃれな塔   

スウェーデン
   昔の石の家

 スウェーデン
   長閑な田舎の風景

 スカンセン野外博物館
   近代の生活雑貨屋さん 左奥は住居でした
   民族衣装をまとったガイドさんがいて
   当時の暮らしぶりの説明をされていました(…たぶん)

夏季になると民族衣装の人が毎晩、フォークダンスを踊るという
イベントもあるそうです。

動物園もあります。
いたのはクマ、イノシシ、馬、アザラシなどなど。

 スウェーデン
  オオカミと

 スウェーデン
       スウェーデン
  ヘラジカ(角がな~い(´Д`))だけ 掲載します ww

 スウェーデン
  園内にて ダーラナホースを発見!
  お土産に同じのを購入してきましたよ♪

写真は人を避けて撮ってきたので閑散とした感じですが、
お昼にはたくさんの家族連れで賑わっていました。
売店が少ないので、どこもかしこも長蛇の列。

スカンセン野外博物館
 博物館からストックホルムの街を臨むと景色は最高です!


次に行ったのはヴァーサ号博物館

1628年8月10日、処女航海に出発したヴァーサ号(軍艦)なのですが、
出航後間もなくストックホルム港に沈んでしまったそうです。
333年後の1961年に引き上げられました。
95%原型を留めたままに、復元され、展示されています。
 ヴァーサ号博物館
  入館後、船の大きさにまず圧倒させられました
  
   ヴァーサ号博物館
   そして、船の装飾もそれはそれは見事なものでしたよ

船に残っていた色から研究され、
沈没前はこんな姿だったのだろうということです

 ヴァーサ号博物館

  ヴァーサ号博物館

時間も財もかかったでしょうに・・・ねぇ。


その次は目の前にある 北方民族博物館

北方民族博物館
  大きく立派な建物です。宮殿みたい!

ここではスウェーデン人の昔から現在の生活様式が垣間見えます

  北方民族博物館
  ニシンにジャガイモ
  かつての庶民の食生活はこんな感じだったみたいですね

に、対しまして上流階級のお料理は豪華!なのですが、  
 北方民族博物館
   白鳥まで食べちゃっていたんですね (@@)‼
   もっと豪勢なテーブルもあったのですが、
   インパクトがあったので、この写真を選びました。 

それから、この楽器面白いでしょう?
 北方民族博物館
 ニッケルハルパ (nyckelharpa )という
 スウェーデンの民族楽器なんだそうです。
 ヴァイオリンみたいに弦を弓で弾いて奏でるのですが、
 ピアノの鍵盤みたいに出ているものを指で押さえることで
 弦の響きを変えるのでしょうか?

   北方民族博物館
    どなたかは存じませんが、
    有名な奏者の方だったのでしょうね。

館内の演奏ビデオでは、ビオラ、チェロみたいな役目もする
ニッケルハルパもありました。

 スウェーデン
  そういえば、50SEKの裏側にも描かれていました。

この日、博物館内でダンスパーティーが開催されていました。
博物館なのにワイワイガヤガヤしていて、
ちょっとカルチャーショック受けました。 楽しそうでしたよ~♪

 北方民族博物館

そのあと、ストックホルム市庁舎まで
リッダー湾に沿ってそぞろ歩き。。。

水のある風景は心が和みます~ (*´▽`*)

ストックホルム
 ユルゴルド橋からストランド通りを臨む

ストックホルム
 リック橋辺りから国会議事堂(手前)とリッダーホルム教会

ストックホルム
 リッダーホルメン島 


沈みゆく夕日を背にした 市庁舎が見えてきました。 

ストックホルム 市庁舎

市庁舎では結婚式後のカップルが2組いましたよ。
婚姻届けを出しに来たのかしら?

市庁舎はこの時期、入館できないので、
ノーベル賞のパーティーに使われるという「黄金の間」は見れませんでした。
残念!

それから、通り沿いにあったレリーフが素敵でした。
ストックホルム 市庁舎
ストックホルム 市庁舎

 両方ともガムラ・スタンの景色ですが、
 時代が違っていて上のほうが昔のようでした。

そして夕方のガムラ・スタンをちょこっと散歩して、
この日はホテルに戻りました。

   旅行記4 ガムラ・スタン編 に続きます。

                     ご覧いただきまして ありがとうございました

                     にほんブログ村  とんぼ玉のランキング
                         ↑ ポチッとおひとつ   
                        製作の励みにしています  (*^^)/
 
* カテゴリ : スウェーデン旅行
* コメント : (2) * トラックバック : (0) * |

* by くるみ
スウェーデン旅行、楽しそうですね^^
ストックホルムはやっぱり素敵、憧れます。

楽器の写真、仮面みたいで面白いですね。
どんな音がでるのかしら?

通りのレリーフも素敵ですし、どこを切り取っても絵になる感じですね。

続きも楽しみにしてます ^^

Re: くるみ さん * by やじゆん
古い建物が立ち並ぶ街の景色はやっぱり素敵でした♪
世界遺産となっている場所はちょっと遠くって行けなかったので
それは心の残りだったりもするのですが・・・
でも、迷子になっても困りますしねぇ(;´∀`)
最悪、ホテルに歩いて帰れるだろうぐらいの範囲で動いていました。

この楽器、面白いでしょう?
確かに仮面みたいですね( *´艸`)
音はヴァイオリンだけどバグパイプのように重複している感じでしたよ。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。